児童虐待とDVについて

児童虐待・DVの防止にも、全力で取り組んでいます

私は、児童虐待防止を意味する「オレンジリボン」とDV防止を意味する「パープルリボン」の、ダブルリボンをつけて日頃より活動しています。一昨年の1月、千葉県野田市で児童虐待により小学四年生の女の子の尊い命が失われるという、痛ましい事件が起きてしまいました。これを受けて早速、2月に開かれた衆議院予算委員会で、児童虐待防止に向けた政府の取り組みについて質問をしました。これ以上幼い命が失われないよう、新たな制度や社会環境の整備などに迅速に取り組む必要があります。また、児童虐待とDVは、片方の事例が確認された場合はもう片方も生じている可能性が疑われます。児童相談所全国共通ダイヤル「189(いちはやく)」の普及や、啓発活動にも引き続き取り組んでいきます。